2018秋冬展示会

1月末~2月にかけて来季(2018秋冬)の展示会で、東京、大阪に行ってきました。

その時、撮影許可の写真をお見せしながら来季の傾向などご紹介します。

 

スタートは店の主力ブランド ”HYDROGEN” のメインディスプレイ。

ラグジュアリースポーツらしいコーディネート。

コラボ商品、デザイナーネームの別注スーツやコート、ハイテク素材を使用したアイテムなど楽しみな品揃えでした。

 

敢えてシューズを撮ってきた ”DANIELE  ALESSADRINI”。

このブランドのシューズは毎回、5~6型仕入れるのですが、非常に好評を頂いてます。

ブルゾン、コート類、ニットなどもエッジの効いたデザインが多くコストパフォーマンスが高く感じるアイテムばかりでした。

 

こちらは、ダッフルコートで有名な ”BARK”。

今回の展示会では、このブランドの原点に戻ったように感じました。

アウター主体の商品。

発注は、今まで見ていない物ばかりにしました。

 

続いて、 ”T-JACKET”。 

ジャケット、パンツのセットアップや軽量コートなど、ユルく着れるテイラード主体に発注してきました。

 

今日、紹介したブランドは撮影させて頂いた三喜商事さんとこのブランドです。

もちろん、ブランドでいうとあと20ブランド以上発注できました。

 

そんな中、来季から主力ブランドになるであろうブランドとの契約も行ってきました。

BASQUE  30年迎える来季また ”えいもん” が増えますのでご期待下さい。